どれだけの効果がある?自宅で太陽光発電をする


太陽光発電に切り替えるメリット

時代の移り変わりの中で屋根やベランダなどの自宅の空いたスペースを活用して太陽光発電のサービスを利用する人が増加傾向にあります。太陽光発電とは文字通り太陽から発せられる光のエネルギーを活用して電気を作るシステムのことです。太陽からの光は理論上尽きることがないと考えられていて、枯渇しない再生エネルギーとして世界中の国で取り入れられています。この太陽光発電を利用する大きなメリットの一つが光熱費の大幅な節約です。家電品を始め日常生活の中で電気の力を利用して作動させるものは数多く、通常これらの使用には費用が必要となります。夏や冬など極端に気温の変化がある時期はエアコンなどの使用で光熱費が高騰してしまうことに頭を悩ませる人は少なくありません。それに対して太陽光発電で蓄えた電力の使用には費用が掛からないため、家の電気を発電でまかなうことができれば生活費の節約ができます。

必要のない電気は売却できる

日本では自宅の太陽光発電で蓄えられた電気は専門の業者に買い取ってもらうことができます。発電によって作られた電気は一定量以上蓄えておくことができないため、多くのエネルギーが蓄えられる日差しの強い夏場などは、自宅で利用する電気量を上回ってしまうケースも珍しくありません。必要のない電気を売却することで副収入を得られるのも太陽光発電ならではのメリットです。

自宅に設置する時に必要となる費用

自宅に太陽光発電の装置を設置する上で気になる人も多いのが初期費用です。設置に掛かる費用は利用する業者やパネルの枚数によって若干異なりますが、平均で200万円前後と言われています。費用は一括での支払い以外にもローンによる分割払いもできるので、まとまった費用が用意できない人でも安心です。そのほか、自治体によっては申し込みをすることでいくらかの補助金を受けられるケースもあります。少しでも初期費用を抑えたいという場合には、事前に自治体に相談をして補助金の有無について調べておくことが大切です。

利用する上で知っておくべき注意点

光熱費の削減や売却による副収入などたくさんのメリットがある太陽光発電ですが、注意すべき点もいくつかあります。その一つが天候の影響です。この発電は太陽からのエネルギーを電気として蓄える発電のため、天候状態で蓄電できる量が変わります。技術の進歩に伴って曇りや雨の日でも蓄電は可能ですが、晴天時に比べて少なくなってしまうのは否めません。日陰になりやすい場所に設置してしまうと効率良く蓄えることができなくなってしまうので、周辺環境や日差しの当たり方を考慮して設置することが大切です。

太陽光発電の価格はメーカーによって異なりますが、国によると、2020年の設置費用の相場価格は145万円になります。