ニーズに合うサービスを提供してくれる営業代行業者を見極めるには?


営業経験が豊富なスタッフが揃っている業者を探そう

営業代行業者は、顧客開拓やクレーム対応、テレアポなど様々な依頼に対応しており、人件費削減や業務の効率化などの観点から、様々な業種の企業の間でニーズが高まっています。そうした中、希望通りのサービスを提供してくれる営業代行業者を選ぶには、民間企業での営業経験が豊富なスタッフが揃っている業者の取り組みや実績について確認をすることが大切です。業者によっては、法人を対象に在籍中の専属のスタッフの経歴や得意な業務内容を紹介しているところもあります。そこで、少しでも気になる業者を見つけた時は、早めに担当者に連絡を取って、具体的なサービスの内容や契約料金について話を聞いてみるのがおすすめです。

コスト削減を目指すなら定額制の業者がおすすめ

営業代行業者と継続して契約を結ぶうえで、できるだけコストの削減を実現したい場合には、定額制のプランを扱っている業者を選ぶと良いでしょう。営業活動全般の依頼を受け付けている業者の中には、サービスの種類ごとにハッキリと月額料金を設定しているところも多くあり、初めて依頼をする際にも、安心して料金相場について把握をすることが可能です。

また、営業代行サービスの魅力について知ってもらうために、新規の法人顧客を対象として、数週間から一か月程度のお試し期間を用意している業者の数も増えています。そうした中、費用対効果やサービスの質などにこだわって業者選びをするうえで、早いうちから同業他社の営業代行サービスの導入例を参考にしながら、理想的な業者を見極めることが重要です。

営業力診断の評判が良い業者もチェックしよう

営業代行に力を入れている専門業者の中には、法人企業の希望に応じて、営業力診断を実施しているところも少なくありません。たとえば、中小企業診断士や経営コンサルタントなどの専門的なスタッフが在籍している業者を選ぶことで、精度が高い営業力診断をすることができるため、じっくりと業者ごとの口コミを確認することがおすすめです。営業力診断に掛かる期間や費用については、それぞれの営業代行業者の方針や担当者の経歴、能力などに大きく左右されます。そのため、余裕を持って顧客対応が良い業者におおよその費用について尋ねてみましょう。

なお、多角的な事業を展開している企業が営業力診断を依頼する場合には、結果が出るまでに長い期間が必要となったり、高額なコストが発生したりするケースも多くあります。そこで、営業力診断の必要性について、自社内の担当者が集まって日ごろから話し合いをすることが重要です。

営業代行とは企業での営業活動を代行して行うサービスのことで、電話や対面での営業など様々なタイプのものがあります。