引越は片付けの大チャンス!?最後に使った日で仕分けよう


長期間使っていないものから先に仕分けする

引越の見積もりを取得する際には、訪問見積もりにより荷物の量がカウントされて引越し料金が決まります。最初から片付けが済んでいる状態ならば、余計な荷物量がカウントされずに引越料金を安く抑えられることを知らない人が多いです。このため、先に片付けを行ってから引越見積もりを依頼するだけで、大幅に引越代金を節約出来ます。しかし、全ての荷物を先に梱包してしまうことが必ずしも正解ではなく、引越を契機として思い切って断捨離を行うことが望ましいです。長期間使わずに保管しているだけの品物は、ホコリが被るだけであって全く役に立っていないことを認識する必要があります。

6カ月以上使用していなければ一旦処分ボックスへ投入

衣替えが必要な衣類であっても6カ月に1度は着ると考えれば、少なくとも半年以上使用していないものは無くても困らないと考えられます。初めて荷物整理を行う時に不安ならば、最初は1年以上使用していないものに限定して処分することにすれば困らないはずです。処分予定ボックスを最初に作り、長期間使用していないものを投入して残ったものを整理するだけで室内は大幅に片付きます。引越見積もりを依頼する時点で処分する予定品を集めておけば、荷物量としてカウントされないからこそ引越代金の節約に直結するわけです。

アルバムや記念品の整理は最後に行う

アルバムや記念品については、普段から一箇所に纏めて管理しておくことが望ましいです。なぜなら、引越のタイミングでアルバムや記念品を見始めてしまうと梱包や断捨離作業が長く中断してしまうからです。日頃から片付ける習慣が身についていない限りは、一度手を止めてしまうと再開が難しく最終的には引越間際になって段ボールにひたすら詰めるだけになって断捨離が進みません。そこで、最初からアルバムや記念品の類は1箇所に纏めてしまい引越し準備が完了してから眺めるようにすれば時間の節約になります。

いつでも買い直し可能な商品は捨てても影響が出ない

引越のタイミングで思い切った片付けを行うことは、普段は面倒に思ってしまい躊躇しがちな点を抑えられます。引越見積もりを取得する際に具体的な料金という形で目に見える成果が得られることから、本当に必要なものと無駄使いの結果手元にあるものとの区別が可能です。また、数百円以内の商品ならばいつでも買い直すことが出来ることから、少なくとも6カ月以上使わずにいて次回はいつ必要になるか分からないような物のために場所を取ることは勿体ないというミニマリストの考え方が参考になります。手放したら2度と手に入らないものと、何となく所有しているだけのものを明確に区別することが成果につながります。

不用品の回収では、複数の会社から見積もりをとって比較をすることがおすすめです。最初から1つの会社に決めてしまうと、相場よりも高い料金になってしまうことがあります。